ご縁ブログ

2021.08.27 カテゴリー:豆知識

覚えておきたい食事のマナー

覚えておきたい食事のマナー

 

世界に様々な食文化があるように、食事のマナーもその国によって異なります。

 

日本人にとって食事のマナーとは、
一緒に食事をとる人に不快な思いをさせないためのものであり、食事を作ってれた人に感謝を表すもの。

そのため、和食には『嫌い箸(きらいばし)』と言われるマナー違反の箸遣いがあり、『忌み箸(いみばし)』や『禁じ箸(きんじばし)』とも呼ばれます。
その種類は42種類もあると言われています😮

 

全部わかる!

 

なんて人はあまりいないとは思いますが、子どもの頃、食事中に怒られたことはきっと誰しもありますよね😁
納得できるものから、中には子どもながらに、これもダメなの?と思ってしまうものも💦

 

今回はたくさんある『嫌い箸』の中から、意外と知らないマナーをご紹介します。

 

≪渡し箸≫
箸を置く際に器の上に橋のように渡して置くこと。

 

よくやっていませんか?
実はこれ「ごちそうさま」の意味になるんです。
食事がまだ残っている時に渡し箸をすると、作った人に対して「おいしくない」と言うのと同義になってしまいます。

 

箸置きがあればそちらに置けばよいですが、ない場面も意外と多くありますよね。
箸が箸袋に入っていた場合は、箸袋で箸置きを作ります。
難しいものである必要はありませんが、話のタネにでも1つ変わった折り方を覚えておくのもいいかもしれませんよ😉💕
箸袋にも入っていなかった場合は、お膳の縁や小皿に箸先を置くようにします。

 

ちなみに、よく似た≪箸渡し≫とは別のマナー。
≪箸渡し≫は箸から箸へ食べ物を渡すこと。
葬儀で死者の骨を拾う時に行うときに箸渡しをするので、仏事を連想させることから、食事中に絶対にやってはいけないことの1つです🙅‍♀️

 

 

過去のブログ一覧

 
オススメブログ記事
◆箸と和食のふかーい関係
◆和食はおもてなしの心

 


縁結び箸に結ばれている「赤い糸」は、お使いの方が素晴らしいご縁に恵まれますようにとの願いを込め、全て手作業で結んでおります。
箸をご使用の際には、赤い糸は5円玉に結びお守りとしてお持ち下さい。


~ご縁を結ぶお箸~
有限会社 ひらの屋

Facebook
Instagram
フォローよろしくお願いします!

 

縁結び箸の詳細はこちらから

 

≪大社店≫
島根県出雲市大社町杵築南838-6
出雲大社正門前からすぐ
TEL:0853-53-0013
営業時間:9:30~17:00(時間延長あり)
定休日:年中無休

高さ2mの大きな縁結び箸が皆様をお出迎え。
出雲大社神職様にご祈念して頂いたこのお箸は、なでるとご利益があるとか…
縁結び箸や出雲の特産品を数多く取り揃えて、皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

≪本社≫
〒691-0001
島根県出雲市平田町991
TEL:0853-63-4649
営業時間:9:30~18:00
定休日:水曜日